ポイント

爪の種類のポイントは、オーバルの角を更に削った形です。
まさにとんがっていることで、先が割れやすいという弱点があります。

 

上品と言うよりは、セクシーさや妖艶な雰囲気を出すことができます。
全体的に丸みはあるのですが、先が尖っていることで、側面もシャープな印象をあたえます。
先が細くなっていることから、ネイルアートの中でも特に衝撃に弱いとされています。

 

 

あまり尖らせない事も必要ですが、そのとんがりがポイントの特徴です。
スカルプチュアやジェルネイルのように強度を補強したいときによく使われる形です。

いかにも、という先端がポイントの特徴です。

 

単にネイルアートと言っても、爪の形からのこだわりが必要です。
どんな絵柄にしても、爪の形で随分とイメージが変わるものです。

 

 

ポイントとオーバルとラウンド、スクエアとスクエアオフ、それぞれ感じの違うものですが、どんな色を基本としたネイルアートにするかによって雰囲気も変わってきます。
女性らしいと言えば、どんなネイルアートのもOKなのですが、細かなところで言うと、ポイントとオーバルの違いがなかなかわからないという方もいらっしゃいます。

 

 

先をとがらせることで、オーバルでごまかす事も可能になりますが、ぜひ、ポイントもマスターできるよう、ファイリングを頑張ってみてください。
もちろんネイルサロンでの完璧なポイント体験もオススメです。

 

どんなネイルアート、どんな爪の形、要するに全体像も頭に入れて、楽しんてみてください。