スクエア

スクエアは、普通に和訳をすると四角です。
爪の種類としても、角がついた四角の形を言います。
根元から先端までほぼ四角をしていますから、いかにもネイルアートに適していると言えます。

 

 

この方血にすることで、爪の強度が増すというメリットがあります。
つけ爪にも良いですし、手作業をするときにも、爪が割れないというのですが、爪そのものが薄い方に関しては、引っ掛けやすいと言われています。
パソコンのキーホードにも良い形と言えます。
ただ、日常生活においては、いかにもネイルアートのキャンパスです的な形です。

 

 

スクエアのメリットはまだあります。
先がシャープなだけに、指が長く見えることにあります。
角をしっかりつけることがポイントになりますが、引っ掛けるおそれがある方は、角を落としたスクエアオフにすると良いでしょう。
つけ爪に関しては、スクエアのデザインも豊富です。
四角のキャンパスということで、大胆な絵柄も引き立つことになります。

 

爪は人それぞれ違います。
その方に合う爪の長さ、形がありますが、スクエアが決まる方、そのときのファッションや生活様式にも関係しますが、おおっと注目をあびることになります。
もっとも、強度とシャープさを同時に2つを共有することができるスクエアは、たまに行なってみることをオススメします。

 

自分でもできますが、ネイルサロンなどで相談の上、考えてみてください。
角がきになるという方には、スクエアオフがオススメかもしれません。