ネイルアートの中でも、アニマル柄というのもあります。
アニマル柄というと、ヒョウ柄がスタンダードですが、牛とかパンダとか、オリジナルでもいいかも?

 

 

ゼブラというのもありですが、わざわざ説明しなくてはならないこともあります。
自分で良ければOKなのですが。ここではヒョウ柄を説明します。

 

最初にベースカラーを2度塗りします。
それをきちんと硬化させます。

 

ヒョウの柄は、茶色の薄いがらの部分とそれを囲む黒の2色使いで模様をつけます。
最初は茶色の部分。
爪に対して、茶色のカラージェルをランダムに置きますが、この時大きさもバラバラにするのがコツ。
かなり大きさは違ってもOKです。

 

一度硬化させて、茶色の周りを黒で完全に囲むのではなく、バラバラに囲む感じにします。
滲んだ感じの方がいい感じに仕上ります。
一度硬化をしてから、クリアトップジェルを使ってまたまた硬化。
これで完璧なヒョウ柄が出来上がります。

 

 

 

 

カラージェルではなく、アクリルでも同じようにヒョウ柄を作ることができます。
この時に、できあがりがとてもポップ。

 

はっきりとした色になりますから、明るいカジュアルな色になります。
ですから、ベースカラーもホワイトがとても引き立つ感じになります。

 

 

ファッションに合わせた感じで、それぞれの色を決めてみてください。
硬化前なら、やり直しが可能です。

 

色の付け方は、結構いい加減な方がそれらしく見えます。

 

牛柄も同じように白黒使い、パンダなら顔が良いかも?